3月20日 『新規参入で成功する最新ネットビジネス』

マーケティングの定義記事一覧

マーケティングの定義

ビジネスの基本

マーケティングの定義は社会的主義と経営的主義に別けられる。

社会的主義ではマーケティングを社会活動のプロセスとして捉えている。その中で個人やグループは価値ある製品やサービスを作り出し、提供し他者と交換をする事で必要な物や欲しいものを手に入れる。
経営的主義ではマーケティングを「製品を売るための技術」と捉えることが多いが、ピータードラッガーは「マーケティングの目的は、顧客について十分に理解し、顧客にあった製品やサービスが自然に売れるようにすること」と言っている。

アメリカ・マーケティング協会では次のように定義している。
「マーケティング(マネジメント)とは個人と組織の目的を満たすような交換を生み出すために、アイディアや財やサービスの考案から、価格決定、プロモーション、そして流通にいたるまでを計画し実行するプロセスである。」

交換のプロセスを上手く行うためには相当な実践と熟練が必要である。

標的市場を選び出し、優れた顧客価値を作り出し、分配し、コミュニケーションをすることによって顧客を獲得し、維持し、増やすための技術と知識をマーケティング・マネジメントと定義しよう。
ブックマークに追加する