3月20日 『新規参入で成功する最新ネットビジネス』

セールステクニック@セールスは断られたときから始まる!

あなたが飛び込みのセールスマンだったらどうしますか?
思い浮かべてみてください。

まず、どうやって家々のドアを叩こうかと思案にくれるのではないでしょうか。

あなたの家に来たセールスマンにドアを開けて話し込むことがありますか?おそらくないでしょう。ほとんどはインターホンで断ってしまうものです。

セールスは断られたときから始まる!

あるセールスマンは、「セールスお断り」の張り紙がある家を狙うそうです。

「セールスお断り!」の張り紙がある家は本当にセールスお断りなのでしょうか?
そこには張り紙をする理由があるのですね。
断りにくい性格だから張り紙を貼っている。
プライドが高いから張り紙を貼っている。

断りにくい相手はもちろん、プライドの高い相手も契約率が高いといいます。経済的不自由がないので、うまくおだてることで買ってくれるのだとか。

◎張り紙を見ただけであきらめてはいけません!
前進しなければ一つも売れないのですから!
ピンチをチャンスに捉える思考回路と推理が必要なのですね。

次回は飛び込みセールスマンがドアを開けさせる必勝マニュアルをご紹介します。ええーっとびっくりするような禁じ手がたくさんありますよ。

売れるお店の棚

マーケティングのヒントにしてください。

例えば、スーパーや雑貨店には商品の陳列に様々な工夫が
してあるのはご存知でしょうか?

同種の商品でも、色別、機能別、デザイン別、サイズ別と様々な陳列方法があるのはご存知の通りです。

その陳列台の幅がほとんどのお店で90センチ程度になっているんです。

これは人間の視野を計算し、棚の正面に立ち止まった時に、注意を払えるのが、およそ横に60度の角度、そして棚との距離は70センチ程度になることが多いことを調べてあるんです。

そうするとパッと目に入るのは幅90センチ程度の範囲という事になります。

実際に幅が1メートル以上になると一度に目に入ってこないため
キョロキョロしないといけません。
そうすると集中力が失われ、購買意欲がそがれてしまうそうです。

書店の棚も昔から三尺棚と言われる約90センチの棚が使われています。

こんなところでもマーケティングの調査が行われていたんですね。

ウェブサイトの見せ方でも様々な検証が行われています。

人間が目にするのは画面の左上⇒上部⇒センターの
順番に視点が動くそうです。

そこでキャッチコピーがとても重要になるわけですね。

人間の行動心理がマーケティングでも非常に重要だという事です。

企業の本当の目的の明確化

ビジネスの基本 
組織は何かを達成するために存在する。モノを作ったり、サービスを提供したりetc

組織の具体的な目的は創業時には明確です。時が経つにつれて市場環境が変わって現実性を失ったり、新市場を加える事で不明確になったりしていきます。

何が自分達の組織の事業なのか?
顧客は誰なのか?
対象とする顧客にとっての価値は何なのか?
自分達の事業はこれからどうなるのか?
自分達の事業はこれからどうあるべきか?

絶えずこうした問いに取り組み、徹底的に考え抜き答えを出し続ける事が成長企業としての必修条件です。

限られた数の目標に的を絞り、企業が大事にしたいと考える主要な理念と価値を強調し、企業が対象とする主要な競争領域を明確にしなければなりません。
ビジネス続き

社長はなぜ幸せになれないのか?

「社長はなぜ幸せになれないのか?」という本を読みました。

楽天で始まっている電子書籍です。
http://dl.rakuten.co.jp/

立ち読みを選べば0円で1章だけをダウンロードできます。

とても面白い内容でした。本編については触れられませんが、

立ち読みの中で面白い質問がありましたので、あなたも考えてみてください。

社長を王様に例えて旅に出る内容です。

中で王様にこんな質問が出されます。

Q1  あなたにとって、今までで一番楽しかったことは何ですか?
Q2 あなたは何のために働いているのですか?
Q3 あなたはどんな人生を築きたいですか?
Q4 あなたが家族から学んだことはなんですか?
Q5 あなたの経営モットーは何ですか?
Q6 あなたはお金についてどう考えていますか?
Q7 あなたはこれから本当に何をしたいですか?
Q8 あなたにとって幸せとは何ですか?
Q9 あなたは自分をどんな人間だと思いますか?

ネットビジネスでもオフラインのビジネスでも本当にしたいことを明らかにすることは
とても重要なセッションです。

ただ稼ぎたいと思っているだけでは絶対に稼げません。

なぜ稼ぎたいのかを真剣に考えてください。

なぜなら稼ぐ事が、あなたにとって本当に重要な事ではないかもしれないから。

9つの質問にあなたなりに真剣に答えを出してみてください。

家族のために一生懸命働いているんだと考えている人は、それがあなたの幸せの状態なんです。

だからそれ以上の成功を収めたくてもそこで満足してしまい、自分の殻を破ることができないんです。

あなたの人生の目標を真剣に考えてください。

そしてその目標のためには何をどういう順序ですればいいのかを考えてください。

そして成功するために最速で失敗してください。

ビジネスの基本としてのマーケティング

ビジネスの基本

ビジネスを行う上でマーケティングを理解していないのは
地図を持たずに海洋に出るようなものです。

世の中の変化のスピードはますます速くなるばかり、
今日は昨日と同じようにはいかない。明日も今日とは違うであろう。
今日と同じ戦略を取り続けるのは危険だが、新しい戦略に転換するのも冒険である。

■グローバル化の波は今後もあらゆるビジネス活動や個人の生活に影響を及ぼす。
■今後も科学技術は驚くばかりの進歩を遂げる。
■経済は規制緩和へ向かって動き続けている。

このような変化は無限のチャンスをもたらす。

ところでマーケティングとはいったいなんであろう。

マーケティングとは人と社会のニーズを探りそれを満たすこと。
簡単に言えば「利益を確保し、ニーズを満たすこと」となる。

個人や社会のニーズを把握し、利益の上がるビジネスチャンスに転換するための道筋を示すのがマーケティングである。
ブックマークに追加する