3月20日 『新規参入で成功する最新ネットビジネス』

アパート経営

アパートを経営するためにはまず土地と建物が必要になります。

そのためにはかなりの金額の資金が必要です。
通常の個人ではアパート経営は普通に考えると、まずできません。
しかしながら、いたるところにアパートがあって、それなりにうまく経営されているように見られます。
何故でしょうか。

一つには経営者が資産を持っていることです。
新しく土地を買ってそこにアパートを建てることができるくらいの資産があれば、まったく問題ありません。
仮に多少の赤字であっても、アパート経営をしている事で固定資産税が軽減されるため、トータルでは利益があがるという事もあります。

二つ目に考えられるのは、借金をして経営していることです。
毎月の家賃収入が借金の返済額を上回っていれば理屈としては経営が成り立っています。

そして三つ目は不動産会社によるものです。
不動産会社がアパートのオーナーのリスクを軽減させるために、いろいろなサービスを提供していることがあります。

まったくの資産なしではさすがにアパート経営をすることはできないでしょうが、ある程度の資金があれば投資という観点からのアパート経営は可能です。
昔のイメージの大家さんではありません。
実際の経営は不動産会社にすべて任せておいて、自分は資産を提供するだけです。
そして、その収益をもらうことができます。

もちろん、不動産会社が間にあるので家賃収入の全額が受け取れるわけではありませんが、それなりの安定した収入となります。

しかし、アパートの入居率が重要ですので、資産があるといっても事前に十分な下調べを行うことが大事です。
ブックマークに追加する