3月20日 『新規参入で成功する最新ネットビジネス』

お辞儀の使い分け

ビジネス用の挨拶は、基本的には4つの項目で構成されていると考えてください。

・タイミング
・言葉遣い
・声の大きさと質
・お辞儀

まずタイミングですが、これはかなり重要です。

例えば、上司が誰かと話をしているタイミングで挨拶をするのは、ビジネスマナーとしては失格です。
この場合は、会釈のみを行うのがマナーです。

もちろん、何か用があっていく場合は別です。
そういう場合は「失礼します」から入り、用件を伝えましょう。

言葉遣いに関しては、実はそこまで重要ではありません。
無礼な言葉遣いなどは論外ですが、細かい部分でのミスはさほど影響は与えません。
礼儀に厳しい上司や先輩の場合は、話は別です。
ビジネスマナーとして、細部まで気を使いましょう。

声の大きさと質はかなり重要です。
何を言っているのかわからないような挨拶では、場合によっては不快感を与えてしまいます。
逆に声が大きすぎても、それを快く思わない人もいるでしょう。
声の大きさも、相手に合わせることが大事です。
体育会系出身の方であれば大きめの挨拶の方が良いでしょう。
新入社員の間は、元気をアピールする為に多少声を張るのも有効です。
ただ、職場によってはそれで浮く事もあるので、声のトーンは相手や職場に合わせて微調整しましょう。

そして最後にお辞儀ですが、これはかなり重要です。
お辞儀というのは、主に角度で三つに分かれます。
出社、退社の際やすれ違いの際には、15度程度の軽い会釈を。
しっかりと挨拶すべき上司やお見送り、お迎え、取引先への訪問の際は30度ほど中礼を。
そして、冠婚葬祭、感謝、お詫びといった場合は45度で敬礼を、それぞれ行いましょう。
あまり曲げすぎるのも、パフォーマンスと取られる可能性があるので注意しましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27559159

この記事へのトラックバック
ブックマークに追加する