3月20日 『新規参入で成功する最新ネットビジネス』

ビジネスマナーの基本は挨拶

何事にも、基本というものはあります。
ビジネスマナーについても例外ではありません。
ビジネスマナーは特に基本が重要と言われています。

では、その基本とは何を指すのでしょう。

それは、挨拶です。

挨拶ができるかどうかというのは、家庭や学校での教育がとても重要です。
育った環境次第では、全く挨拶をする習慣がなく、正しい挨拶を言う事ができない人もいるでしょう。

しかし、挨拶をしっかりしなければ、社会ではまず相手にもされないことを知っておくべきです。

ビジネスマナーにおける挨拶というのは、基本的にはどのような言葉遣いなのでしょう。
大体の目安ですが、午前11時までは「おはようございます」、11時以降は「お疲れ様です」「こんにちは」、退社する際は「お先に失礼します」、退社する人に対しては「お疲れ様でした」というのは最低限の基本です。

もちろん、立場が違えば言葉遣いも違ってきますし、中にはどんな時間でも「おはようございます」が基本の業界もありますが、まずはこれらをしっかり使うことがビジネスマナーの基本と言えます。

挨拶はコミュニケーションにおける出発点であり、第一印象を決定付けるものでもあります。
あらゆる局面において、この挨拶がはじまりであると言えます。

挨拶ができないだけで自分を低く見られることに憤りを感じる人もいるようですが、挨拶にはその人の礼儀が全て集約されています。
挨拶がしっかりできなければ、社会から締め出されてしまうことさえあるのです。
必ず、挨拶はしっかりと、はきはきと言えるようにしましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27559053

この記事へのトラックバック
ブックマークに追加する